お子さんの中耳炎が心配!!中耳炎専門サイト

今泉耳鼻咽喉科クリニックの開院時間

大阪府門真市末広町7-5 樋口ビル2F TEL:06(6909)3387

古川橋駅徒歩1分 守口市大日より自転車10分徒歩20分 寝屋川からは電車10分以内

お知らせ

2016.01.12 鼻炎、副鼻腔炎(ちくのう症)専門サイト、オープンしました 2015.12.01 中耳炎専門サイト、オープンしました

はじめに

中耳炎は小さなお子さんを持つ親御さんにとっては、よく遭遇する病気かと思います。小さな頃によく中耳炎にかかって何度も耳鼻科に通った、というご経験のある方も多いのではないでしょうか?
実は私自身も幼い頃、頻繁に中耳炎になりました。母に自転車の後ろに乗せられて遠く離れた隣町の耳鼻咽喉科まで何度も何度も連れていかれました。今でも通院したこと、その病院や治療の風景を鮮明に覚えています。
自分の鼓膜をファイバースコープなどで見ると、今でも中耳炎を起こした痕が残っています。
しかし結果的には特に大きな後遺症もなく、現在はこのような仕事に携わるようになって、母親の愛情や背中のぬくもりを思い出し、感謝の気持ちに堪えません。

耳鼻科外来で診察を行っていると、頻繁に中耳炎になって来院されるお子さん、お母さんを見るたびに何とかしたいと思うのですが、なかなかスッキリ治らないこともあり、頻回の耳鼻科通院を余儀なくされることも多いのも実情です。ですが、何とかしてお母さんの負担を減らしたい、情報提供をすることで、少なくとも不安を取り除くお手伝いをしたい、との思いからこのサイトを作成しました。

 

急性中耳炎は小児がかかる上気道炎としては、きわめて頻度が高く、報告では生後1歳までに60~75%が、また3歳までに80%以上が、少なくとも一回はかかると言われています。
中耳炎のリスクとして、2歳未満の低年齢、母乳哺育の欠如、集団保育・・・などに加え、近年は薬剤耐性菌による中耳炎が問題になり、以前に比べて、“治りにくい中耳炎”が増えてきています。
中耳炎を治療するにあたり、医師側は病態の理解とともに、これらの社会的背景をふまえたうえで、適切な薬の使用、適切な処置が必要です。
今回、改めて中耳炎のホームページ作成することで中耳炎の治療を振り返り、再確認し、より適切な治療を提供できればと考えておりますが、さらに門真をはじめ守口、寝屋川、枚方をはじめとした地域みなさんの中耳炎の理解にお役に立てれば望外の喜びです。


今泉耳鼻咽喉科クリニック
院長 今泉 宏哲

当院について

大阪府門真市の中心地、京阪古川橋駅の南ロータリーで開院している今泉耳鼻咽喉科クリニックです。

診療科目は耳鼻咽喉科・小児耳鼻咽喉科、アレルギー科です。アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、副鼻腔炎(ちくのう症)、中耳炎などに加えて甲状腺の病気、くびのしこり、頭頸部の腫瘍の診察を主に行っております。

 

最新の設備で迅速に診断を行い、丁寧な説明を心掛けます。

門真市の京阪古川橋駅前の耳鼻咽喉科 『今泉耳鼻咽喉科クリニック』では、超音波検査、FICE内視鏡などをはじめとした設備、機器を使ってより詳しく診断を行います。また、動画や画像を使って病気の状態を詳細に説明し、普段見えない部分の病状を、患者さん自身が見てご理解できるよう説明を行います。

ネットから当日の順番受付を行っています

お子様連れの方、お勤めでお忙しい方など、待ち時間の短縮のため、パソコン・携帯電話から予約を受付しています。なお予約は当日の“順番”の予約のみとなっております。混雑状況も確認できますのでご活用ください。